機材・用品

【比較検討】 AMAZON ベーシック カメラバッグ まとめ

AMAZONオリジナルのカメラバッグをご存じでしょうか?

AMAZONのプライベートブランド「AMAZON ベーシック」には、カメラバックもラインナップされています。

このカメラバッグは、大変に価格が安く、機能的で人気が高い商品となっています。

当記事では、AMAZON ベーシックの激安カメラバックをまとめて比較します。

まずは、現在ラインナップされているバッグの一覧です。

  • ケース
  • ショルダー 7.8L / M / L
  • スリング 4.5L
  • リュック 12.1L / 22.8L /トレッカー / ハイカー
  • ハードケース S/M/L
  • キャリーケース

 ※コンデジ用は除く

小型な物から大型なキャリーケースまでラインナップされています。

有名なカメラバッグメーカーでもハードケースまでラインナップする所はそうありません。

基本カラーはブラックですが、一部の商品はカラーバリエーションもあります。

以下に、おおむね小さい順に詳しく見てみましょう。

AMAZONの販売価格は日々変動いたします。
下記の価格情報は2022年1月時点のものを参考として記載しています。
最新の価格は、リンク先でご確認ください。
寸法は計測誤差があります。容量(L)は内寸からの概算です。

カメラケース

Amazonベーシック カメラケース 一眼レフ用 ショルダーストラップ付

ラインナップのなかで最小モデルのご紹介です。(コンデジ用除く)

こちらのバッグは、小型ミラーレス本体とレンズ1本程度の収納量です。

この値段ながら小物収納用のジッパー付きサイドポケットが2つもあります。

どちらかと言えばコンパクトデジカメに向いたサイズですが、カメラ以外にも精密機器の汎用ケースとして使うのも良さそうですね。

  • サイドポケット有り、ショルダーストラップ付き
  • 外寸:17x8.6x16cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:15.2x7.9x10.2cm (縦x横x高さ)
  • 内部にSDカード用ポケット有り

参考価格 947円

AMAZONの商品ページはコチラ

ショルダー

ショルダーに分類される商品は、3種類発売されています。

ショルダー7.8L

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用 7.8L ブラック ショルダーストラップ付

この形状は「ホルスター」と称するメーカーも多いですね。

カメラ+レンズ1本がギリギリで入るバッグです。

フロント部と両サイドには、ジッパー付きの収納部があり、メモリーカードやクリーニングクロス、予備電池などが収納できます。

底面は、保護用のプラスチック素材で強化されており、衝撃に強い構造となっています。

他社では似たサイズの商品でもっと価格の安い物もありますが、底面の強化やサイドポケットなど機能面で見ると一段上の構造ですね。

  • 外寸:17.5x16x22.8cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:16.5x15x19cm (縦x横x高さ)
  • アクセサリ、SDメモリカード用スペースあり
  • ショルダーストラップ付
  • 防水EVA素材

参考価格 2054円

AMAZONの商品ページはコチラ

ショルダー Mサイズ

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用 Mサイズ ブラック

このあたりのサイズからはフルサイズ一眼レフも入る容量です。

このショルダーMサイズはサブ収納ポケットなどが無いためすっきりした見た目で、カメラバッグには見えづらいデザインです。

さりげなく街中でカメラを持ち運ぶのに最適ではないでしょうか。

カバー内に小物収納用のフロントポケット、また小型のタブレット端末収納スペースもあります。

  • 内寸:19x26.5x11.0cm (縦×横×高さ)
  • 重量 450g
  • 小物収納用のフロントポケット
  • 小型タブレット収納スペース

参考価格 1670円

AMAZONの商品ページはコチラ

ショルダー Lサイズ

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用 Lサイズ ブラック

Lサイズのショルダーです。フルサイズ一眼レフと交換レンズを2本程度が適正容量でしょうか。

他のメーカーではもっと大きなショルダーバッグも見かけますが、「徒歩」で持ち運ぶと考えるとこのぐらいに収めるのが限界でしょう。

内装色は「オレンジ」と「シルバー」から選択可能です。

カメラバッグの内装色でオレンジが多い理由は、カメラ機材は黒い物が多く、黒の内装色だと見付けらくなるため、バッグ内で機材を見つけやすくする配慮で鮮やかな色としています。

  • 外寸:約20x37x26cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:約12.7x25.4x17.8cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:約725g
  • 商品底部にサイズ約9.5×4.0×0.8cmのラバー底足2か所設置

参考価格 2229円 (内装グレー)

AMAZONの商品ページはコチラ

スリング

Amazonベーシック カメラバッグ スリングバッグ 一眼レフ用 4.5L ブラック

スリングバックとはショルダーとリュックの中間的なデザインで、ベルト1本で斜め掛けで背中に担ぐタイプのバッグです。

ショルダーよりも重量の負荷は軽く感じますし、撮影時には前側へ回せるため手早く機材を取り出せるためスナップ撮影などにも好適な構造です。

自転車移動の際でも使いやすいでしょう。

側面側と上面側の2方向から機材へアクセスできます。

  • パッド入りストラップを採用した人間工学に基づくカメラバッグ
  • 背中からフロントへスライドさせることで、素早く簡単な出し入れが可能
  • スタッシュポケット、フロントポケット、2つの内臓メモリカードポケット付き
  • レインカバー付き
  • 外部に三脚を固定可能
  • 内寸:16x11x26cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:621g

参考価格 2181円

AMAZONの商品ページはコチラ

リュック・バックパック

リュック 12.1L

Amazonベーシック カメラリュック 一眼レフ用 12.1L ブラック

AMAZONベーシックのなかでも最も小さいリュックタイプのバッグです。

小型一眼レフカメラ本体、レンズ3本程度は収納できます。

一般的な男性用リュックは小型な物でも20Lほどですから、このリュックは12Lの表記なのでだいぶ小型ですが、撮影機材を満載しますとかなりの重量になります。

徒歩移動が多い場合は、このサイズぐらいに収めた方が腰にはやさしそうですね。

  • 外寸:約29.2x18.3x39.6cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:約25.4x12.7x37.4cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:889g

参考価格 1570円

AMAZONの商品ページはコチラ

リュック 22.8L

Amazonベーシック カメラリュック 一眼レフ用 22.8L

フルサイズ一眼レフと大柄な望遠ズーム、そしてさらにノートPCまで運搬するようなシーンで利用するサイズです。

荷室は、PCスペース、カメラスペース、オーガナイザー部からなる3層構造になっており、多くの機材を運搬できます。

内装色はグレーとオレンジが選択可能です。

  • カメラ収納部内寸:約40x31x12cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:約1400g
  • サイドストラップで三脚やその他かさばるアクセサリーを収納

機材収納部分の深さはバッグの下部が最も深く、上部に向かって浅いサイズになっています。もっとも深い下部で約12cm、中部で約11cm、最も浅い上部で約7.5cm

参考価格 4086円

AMAZONの商品ページはコチラ

リュック トレッカー

Amazonベーシック トレッカー カメラリュック

トレッカーの名称だけに全体的なデザインはアウトドアテイストとなっており、ショルダーストラップはパット付きで強化されております。

登山などのアウトドア系の用途と機材運搬の両立タイプとなっています。

背面側を全開させて機材の出し入れができ、かつ移動中の撮影用にバッグ側面からカメラの取り出しが可能となっています。

荷室の全体で機材の収納が可能で、一眼レフとレンズ3本程度は十分に入ります。

インナーバッグが付属し、機材以外の物の収納にも配慮されています。

3色のカラーバリエーションから選択できます。

  • 外寸:30x20x45cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:23x16x39cm (縦x横x高さ)
  • レインカバー付属
  • トライポッドやモノポッドを固定できるループ

参考価格 4335円 (ブルー)

AMAZONの商品ページはコチラ

リュック ハイカー

Amazonベーシック カメラリュック 14L ハイカー

こちらもアウトドアタイプでトレッキング用バッグにカメラ収納庫を追加したタイプの商品です。

このバックは荷室が上下2層構造となっており、下段が撮影機材用の荷室となっており、一眼レフとレンズ1本程度の収納量です。

上段側は緩衝材がの無い一般的なリュック構造で14Lの容量があり、例えば食料や雨具などが収納できます。

側面が開くデザインで、カメラや写真機材が素早く出し入れできます。

  • 15インチのノートパソコンも収納可能。
  • 防水・防塵用のレインカバー付き。

参考価格 9042円

AMAZONの商品ページはコチラ

ハードケース

一眼レフカメラ、コンパクトカメラ、ビデオ、GoProなどの精密機器を持ち運ぶハードシェル保護ケースです。

防水性能が高く、水深1メートル地点で30分間まで耐えられます(IP67保護等級)

航空機への機材の持ち込みや、車載用のカメラボックスとして利用する方も多いようです。

除湿剤を入れて、カメラ防湿庫として室内で使うのもおしゃれかもしれませんね。

S/M/Lの3種類があります。

ハードケースS

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用 ハードケース Sサイズ

  • 四角状にプレカットされたフォームで内装をカスタム可能、折りたためるハンドルで持ち運び簡単
  • 外寸:31x27x13cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:28x20x12cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:1870g
  • ほとんどのアメリカ国内航空便の機内持ち込み手荷物最大サイズ規定に対応

参考価格 3336円

AMAZONの商品ページはコチラ

ハードケースM

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用 ハードケース Mサイズ

  • 四角状にプレカットされたフォームで内装をカスタム可能、折りたためるハンドルで持ち運び簡単
  • 外寸:44x37x17cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:43x30x14cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:2400g
  • ほとんどのアメリカ国内航空便の機内持ち込み手荷物最大サイズ規定に対応

参考価格 8608円

AMAZONの商品ページはコチラ

ハードケースL

Amazonベーシック カメラバッグ 一眼レフ用 ハードケース Lサイズ (キャリーケース)

Lサイズは単なるハードケースではなく、キャスター付きでローラー式ケースとして持ち運び可能です。

  • ローラー式ケース用の伸縮可能なトップハンドル付き
  • 外寸:56x35x25cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:52x28x22cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:7000g
  • ほとんどのアメリカ国内航空便の機内持ち込み手荷物最大サイズ規定に対応

参考価格 14800円

AMAZONの商品ページはコチラ

キャリーケース

Amazonベーシック カメラバッグ 2way バックパック・キャリーケース

キャスター付きカメラ用大型トラベルバッグ。キャリーケースとしてもバックパックとしても使用できます。機内持ち込み可。

ローラーブレードに使用されるものと同じ品質の幅広のキャスターとキャリーバー搭載で持ち運びスムーズ。

憧れのキャリーケース型のカメラバッグがなんと1万円台で購入できます。

大手メーカーですと倍以上しますから、まさに激安ですね。

  • 外寸:30x20x45cm (縦x横x高さ)
  • 内寸:23x16x39cm (縦x横x高さ)
  • 重さ:1300g

参考価格 14241円

AMAZONの商品ページはコチラ

まとめ

激安AMAZON ベーシック カメラバックのまとめとして、内寸と容量(L)及び価格を一覧にまとめます。

容量は機材収納部の内寸からの概算です。

商品タイプ内寸(cm)縦x横x高さ容量(L)価格
カメラケース15.2x7.9x10.21.2947円
ショルダー 7.8L 16.5x15x194.72054円
ショルダーM19x26.5x11.05.51670円
ショルダーL12.7x25.4x17.85.72229円
スリング16x11x264.62181円
リュック 12.1L25.4x12.7x37.412.11570円
リュック 22.8L40x31x1214.94086円
リュック トレッカー23x16x3914.44335円
リュック ハイカー非公表非公表9042円
ハードケース S28x20x126.73336円
ハードケース M43x30x1418.18608円
ハードケース Lサイズ52x28x223214800円
キャリーケース23x16x3914.314241円

-機材・用品
-