機材・用品

【絶景を撮る】撮影ガイド本 おすすめ 10選

この記事では、絶景写真を撮るための撮影場所や、撮影方法、機材などを紹介する「撮影ガイド本」を厳選して紹介します。

当ブログ「LENS Review」は、カメラ用レンズを分析することをテーマに、多くのレンズを作例と供に紹介しています。

そこで、作例写真家である私が製作にあたり参考とさせていただいていますガイド本をジャンルごとにまとめて紹介致します。

どの本を見ても思わずカメラを持って旅に出たくなる、そんな本ばかりですよ。

個人での情報収集には限度がありますからサクッと本で手軽に仕入れましょう。

何事も上達への道は達人のマネからですから、撮影技術上達への近道となる素晴らしい本をぜひ手に取ってご覧ください。

国内絶景・名所

地元写真家がいちばん見せたい にっぽんの絶景

地元写真家が推す美しい自然や風物詩、夜景が満載の一冊です。

全国の「推し風景」およそ270か所を季節の情報やコメントとともに紹介しています。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

総ページ数288P、情報量もさることながら、掲載されている写真がうますぎるため本を見ているだけで満足してしまうかもしれません。


図解で分かる名所の撮り方

月刊誌デジタルカメラマガジンの連載がコンパクトサイズにまとまった一冊です。

日本の名所の写真を誰でも迷わずきれいに撮れるようになる恐ろしい本です。

最大の特徴は、撮り方がすべて「図解」で理論的に説明されていることです。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

私ごときが言うのもアレですが、まずは名人のマネが写真上達への近道ではないでしょうか?

総ページ数160P 寸法18.8x12.8x1.1cm


日本の絶景 超完全版

日本全国、北海道から沖縄まで県別に絶景を1000か所以上も紹介する「ちょっと絶景が多すぎませんか?」と心配になる本です。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

総ページ数は516Pにも達し、この本の厚みは「百科事典か?」とツッコミたくなるようなサイズです。

情報量がすごいのもそのはずで、旅行業大手のJTBが出版しているんですね。

同シリーズには世界の絶景 超完全版もあるようです。

自然風景

四季の絶景写真 撮影テクニック&撮影地ガイド ―日本ベストセレクション400

こちらも月刊誌デジタルカメラマガジンに掲載された情報をまとめたもので、春夏秋冬の四季ごと各100か所づつ合計400か所の自然風景を紹介しています。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

大人気雑誌デジタルカメラマガジンの情報ですから間違いない高品質です。

掲載作家のお名前をみると有名な方は網羅されているのではないかと思う量です。

【掲載作家】

青柳健二、石橋睦美、泉谷玄作、入江 進、岩木 登、上田晃司、大和田 良、小野寺宏友、鍵井靖章、かくたみほ、柏倉陽介、片岡 巌、加藤文雄、金子美智子、川北茂貴、木村琢磨、クキモトノリコ、KEN五島、GOTO AKI、後藤昌美、小早川 渉、小林哲朗、斎藤巧一郎、斎藤友覧、佐藤 尚、新海良夫、鈴木知子、田尾沙織、高橋真澄、高橋よしてる、高椋俊樹、竹本りか、辰野 清、伊達淳一、田中達也、谷口 京、チャーリィ古庄、津波江理子、富田文雄、中井精也、長瀬正太、中西俊明、中西敏貴、長根広和、中野耕志、西川貴之、沼澤茂美、野川かさね、野口純一、萩原史郎、萩原俊哉、橋向 真、浜崎さわこ、敏 龍彦、深澤 武、福田啓人、福田健太郎、福田弘二、福田幸広、別所隆弘、星野佑佳、前川貴行、丸田あつし、水野秀比古、宮武健仁、茂手木秀行、本橋昻明、山岸代里子、山下峰冬、山梨勝弘、山梨将典、吉住志穂、吉村和敏、米津 光、米屋こうじ、ルーク・オザワ、わたなべもも

総ページ256P 寸法 ‏18.8x1.5x24.1cm


100年後まで残したい! 日本の美しい花風景 (はなまっぷ本)

こちらは花に特化した撮影ガイド本です。

花の撮影は咲く時期の短さもあって非常にタイミングが難しく、個人レベルで全国の撮影ポイントを調べるのはまず困難なものです。

このような本が出版されていると大変助かりますね。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

AMAZONの読み放題サービスKindle Unlimitedに加入されますと月額980円の中で読み放題できるようです。(2022年調査時)

総ページ数176P 寸法15x1.6x21.1cm


格安旅行の価格調査はこちらからどうぞ

ホテルが選べてフライトもJAL!格安国内旅行のJ-TRIP(ジェイトリップ)

夜景・星景

成澤広幸の星空撮影地105選

カメラのデジタル化によって最も劇的に変わった撮影ジャンルは夜景や星景の撮影ではないでしょうか。

フィルムでは到達できなかった超感度撮影と合成技術の発達により、もはや目視では見えない美しい世界が撮影できるようになりました。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

著者である星景撮影の第一人者と言える成澤先生が紹介する105もの撮影地を知れば、ぐっと上達した撮影が可能になるのではないでしょうか?

総ページ数128P 寸法29.7x21x2cm


都会で撮る 星の軌跡の撮影術

比較明合成技術を使った「星の軌跡撮影」の完全ガイドです。

昔の星の軌跡撮影は、長時間露光時に発生するフィルムの相反則不軌現象の影響を職人的なカンで補正できるような人しか撮影ができないものでした…

現代のデジタルカメラとパソコンがあれば「星の軌跡撮影」もだいぶ容易になってきたようです。

この本では、星の軌跡撮影に必要な機材や場所、パソコンによる比較明合成のやり方、レタッチ法などあらゆるテクニックが紹介されています。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

私のような古い人間からすると「星の撮影とは山奥へ行ってストイックに…」と思い込んでしまいます。

しかし、機材の進歩により「都会の夜空で星を撮る」そんな新しい写真の愉しみ方が生まれたようです。

深夜にまで撮影が容易となった時代、もはや「写真家に安眠できる夜は無い」のでしょうか…

総ページ数208P 寸法18.3x1.6x25.7cm

鉄道・交通

絶景・ゆる鉄・バリ鉄 みんなの鉄道撮影地ガイド

人気の鉄道写真家の中井精也先生がおすすめする日本全国159か所の撮影ポイントを豊富な写真とともに紹介する一冊です。

雄大な風景が撮れる「絶景」、車両をメインに撮影できる「バリ鉄」、著者が得意とする「ゆる鉄」の3ジャンルで構成されています。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

私も幼少期には夜行列車で旅する姿に憧れを抱いたものですし、現代の流線形デザインの新幹線を生で見た時の感動は忘れられないものです。

 ※注:その時、新幹線の写真は撮りました。

「男なら鉄の道を行け」


世界の空港 飛行機撮影ガイド

海外の空港では気軽にシャッターを押したその時、マシンガンを抱えたセキュリティが走り寄ってきて職務質問され、最悪の場合は拘束されて取り調べを受けることもあります。

では、どの空港、どの場所ならリスクがなく飛行機の写真を撮ることができるのでしょうか。

世界の500空港で撮影にトライしてきたカメラマンのチャーリィ古庄先生が、安全に楽しく撮影できるポイントを伝授してくれます。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

空港と言うものはその国の玄関であり、国ごとの強い個性がにじみ出てくる場所でもあります。

建屋のデザイン、地形、航空機のデザイン、屋内空間、行き交う人々

空港を撮影するだけでもその国へ行った価値が見いだせるのかもしれませんね。

総ページ175P

世界の絶景

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

59万人が「いいね! 」したFacebookページ「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景」から特に人気のあった絶景を厳選した写真集。

テレビやネットの各種メディアでも取り上げられ人気となった写真集ですね。ご存じの方も多いかと思います。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

59万人が選んだ絶景ランキングも掲載。気になる1位の絶景は〇〇です。

総ページ155P 寸法15x1.5x21cm

同じ著者のシリーズでは死ぬまでに行きたい! 世界の絶景 新日本編などたくさん刊行されています。


いちばん美しい季節に行きたい世界の絶景365日

本書は、世界中から選りすぐった絶景を、その場所のベストシーズンにあわせて1日1か所、365日に分けて紹介します。

オーロラや氷河など大自然が作り出す絶景や謎に包まれた古代遺跡。そして物語に出てきそうな神秘的な街やロマンテックな古城まで、世界中の絶景を余すことなく紹介します。

 <写真クリックでAMAZONの紹介ページが開きます>

365か所もの絶景には驚きを禁じ得ないレベルの写真も多数あります。

コロナ問題の収束後、いつか行ってみたいものですね。

総ページ384P


海外旅行の価格調査はこちらからどうぞ

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

まとめ

さて、絶景が撮れる撮影ガイド本をご紹介しました。10冊を少し超えてしまいましたが…

長かったコロナ問題も少し収束の兆しが見えてきました。

自由に旅行へ行ける日ももうすぐでしょうから撮影旅行のご準備をされてはいかがでしょうか。

私としては、いつかたくさんのレンズを抱えて豪華客船に乗り「世界一周の作例製作の旅へ出たい」それが夢ですかね。

夢を見ることと、資料カタログは無料ですから…

ピースボートの資料請求はこちらから(無料)

 

関連記事のご紹介です。読み放題サービスで、カメラ雑誌を無料で読むならこちらの記事を参考にどうぞ

【2022年6月】最新カメラ雑誌まとめ

この記事では最新のカメラ雑誌の情報をまとめてご紹介します。
実質無料で読む方法もご紹介します。

続きを見る

その他のレンズ分析記事をお探しの方は、分析リストページをご参照ください。

以下の分析リストでは、記事索引が容易です。

レンズ分析リスト

レンズ分析記事の製品別の目次リンク集です。
メーカー別に分類整理されております。

続きを見る

 

もし、記事をお楽しみいただけましたら、下記の各種SNS共有ボタンにてご紹介いただけると幸いです。

-機材・用品
-