分析033 NIKON NIKKOR AF-S 14-24mm f/2.8 G ED 【後編 望遠端】

ニコン ニッコール 14-24 F2.8 望遠端(24mm)の性能分析・レビュー記事です。

特許情報や実写の作例から光学系の設計値を推測し、シミュレーションによりレンズ性能を分析します。

世界でこのブログでしか読む事のできない特殊情報をお楽しみください。

作例写真は準備中です。

レンズの概要

本記事は前回の分析記事、NIKON AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8 G 広角端(14mm側)からの続きとなり、同レンズの望遠端(24mm側)の性能分析記事となります。

 関連記事:NIKON AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8 G 広角端

概要や文献情報については上記リンクの広角端記事をご参照ください。

では、早速ですが性能を見ていきたいと思います。

設計値の推測と分析

性能評価の内容などについて簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 関連記事:光学性能評価光路図を図解

光路図

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 光路図 断面図

上図がNIKKOR 14-24 F2.8 望遠端の光路図になります。

全体に被写体側へ移動し、全長が伸びるタイプの変倍方式となっています。

縦収差

球面収差像面湾曲歪曲収差のグラフ

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 縦収差

球面収差 軸上色収差

球面収差は小さくまとまっています。望遠側の方が光線束が太いため球面収差の補正が難しくなりますがきれいに補正されています。

軸上色収差はg線(青)が根本でプラス側から先端に向けて大きく曲がりマイナス側へ突き抜けています。

こうすることで開放の状態では収差が平均的に小さくなり、かつ拡散し強度も弱まります。また、小絞りにすると色収差が絞りによりカットされます。

どうにも軸上色収差の絶対値が小さく収まらない時の技法です。

像面湾曲

像面湾曲は軸上色収差の影響でg線(青)は大きくずれるものの全体には適度に補正されていそうです。

歪曲収差

歪曲収差はズームレンズの場合、広角端はマイナス側に、望遠側はプラス側へ収差が残りますが、このレンズはほんのわずかにプラス側へ残るようです。

倍率色収差

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 倍率色収差

倍率色収差を確認しましょう。c線(赤)の補正に難儀したのかg線(青)をかぶせて、心象の悪い真っ赤な倍率色収差を緩和させ紫色に変えていると思われます。

横収差

左タンジェンシャル、右サジタル

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 横収差

横収差は流石は大三元レンズだけあってきれいにまとまっています。

細かく見ると周辺18mmを超えるとタンジェンシャル方向のコマ収差があり、倍率も少々残りが大きく、MTFの低下が懸念されます。

スポットダイアグラム

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 スポットダイアグラム

横収差でのサジタル方向がきれいにまとまっていますので大口径ですがV字のスポットにもならず適切に補正されているようです。

MTF

開放絞りF2.8

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 MTF F2.8

開放のMTFは中間12mmまではかなり山も高く、周辺18mm以降ではコマ収差等の影響で低下するものの、山の頂点一致度が良く平坦性の良い写真になりそうです。

小絞りF4.0

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 MTF F4.0

絞ることでコマ収差の影響がカットされるため山はだいぶ改善します。

周辺18mm以降もそれなり改善しますが、倍率色収差でのMTF劣化分は絞っても回復しませんので、それなりにとなります。

十分高性能の範囲ですが。

総評

超広角ズームの望遠端側だけあって若干の補正の苦しさはあるものの流石は巧みな技術でカバーしていることが伺えます。

今回の記事でNIKKOR 14-24 F2.8の分析も終わります。

次回の分析記事はお待ちかねの新/旧14-24比較分析へ続きます。

前回の分析記事、NIKON AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8 G 広角端(14mm側)はこちらです。

 関連記事:NIKON AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8 G 広角端

2021年も年末が迫ってまいりましたが、年賀状の準備はお済でしょうか?

年賀状印刷会社の調査を行っておりますのでご関心があれば以下をご参照ください。

 関連記事:2022年賀状印刷のススメ



本格生ビールサーバーで新しい家飲み体験【DREAM BEER】

作例

NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 望遠端の作例集は準備中です。


なお本ブログでは、作例写真は全てSILKYPIX 10で現像しております。

SILKYPIX10は、唯一の国産汎用現像ソフトで、多種多様なカメラのRawデータの現像処理が可能で、また多彩な機能で効率的な作業を実現します。

私のおすすめポイントをまとめた記事を作成しておりますので、ご興味のある方は下記をご参照ください。

 

 関連記事:SILKYPIX10のおすすめポイントをたくさんの作例で紹介

 

SILKYPIX10公式サイトはこちらです。

価格調査

Zマウント NIKKOR 14-24mm F2.8 の価格については、以下の有名通販サイトで最新情報をご確認ください。

Fマウント NIKKOR 14-24mm F2.8 の価格については、以下の有名通販サイトで最新情報をご確認ください。


さて、近年カメラやレンズのレンタルサービスがすっかり一般的になってきました。

下記「GooPass」では、月額固定の会費のみで好きなカメラやレンズを無期限でレンタルができ、追加費用は不要で機材の交換も自由です。

これならば、沼に深く入らずに楽しい撮影ライフが送れるのかもしれませんね。

下の画像をクリックしていただきますとGooPass 公式ページをご覧いただけます。

GooPass|カメラのサブスク月額制入れ替え放題サービス

製品仕様表

製品仕様一覧表NIKON NIKKOR 14-24 F2.8 望遠端

画角84度
レンズ構成11群14枚
最小絞りF22
最短撮影距離0.28m
フィルタ径–mm
全長131.5mm
最大径98mm
重量970g
発売2007年

その他のレンズ分析記事をお探しの方は以下の目次ページをご参照ください。

 関連記事:レンズ分析リスト

分析リストでは、メーカーごとに記事を整理分類してあり記事索引が容易です。

最後に、もし本記事を楽しんでいただけましたら下の各種「SNS共有ボタン」にて共有していただけると幸いです。