分析010 SIGMA Art 105mm F1.4 GD HSM

SIGMA Art 105 F1.4の性能分析・レビュー記事です。作例写真は準備中です。

レンズの概要

SIGMAが誇るArt大口径単焦点シリーズのなかでもSIGMA自身が「BOKEH-MASTER」との別名を付けるほどのレンズです。(ぼけますたー、と読みます)

大口径レンズによる像のにじみをボケと呼び愛でる文化は日本が発祥で「世界共通でボケ(BOKEH)と言われるのだ」と聞いたことがあります。

外国人の知人がおりませんので本当なのかわかりませんが…

このレンズは新しいのでこちらに情報があります。

私的回顧録

「焦点距離100mm=F2.8マクロ」が、ここ20年ぐらいの公式ではないかと思います。

写真を嗜む者なら「マクロレンズの1本は必携」であり、必ず所有していますから、マクロ以外にもさらに100mmを購入する理由はなかなか無いのが実情ではないでしょうか?

そんな状況でこの105mmF1.4が登場したわけですが、初めて見た時の第一声は「えッ?三脚座あるょ…」だったと記憶しています。

重量は約1.6Kgですから確かに必要ですね。

また、フィルターサイズはΦ105だそうで、焦点距離に合わせたのでしょうか?そもそも普通に流通しているサイズなんでしょうか?

調べてみましたところ販売はされていますが、プロテクトフィルターでも8000円前後するようです…まともな中古レンズが1本買えてしまいますね。

値段的に業務用?学術・実験などの用途なのでしょうか?スゴイ価格です。

さて、今回も「SIGMA 35mm F1.4 Art」の記事から引き続きArtシリーズの単焦点を分析します。

これは現代的な光学設計値の基準作り(ベンチマーク)を行うための取り組みの一環になります。SIGMAのArt単焦点レンズは「性能重視、大きさ度外視」という非常にわかりやすいコンセプトで設計されておりベンチマークの基準として扱いやすいというのが理由です。

文献調査

さて特許文献を調べると現代の製品なので関連すると思われる特許が簡単に見つかりました。断面図の雰囲気から特開2019-144477実施例1が製品に見た目で近いので設計値と仮定し、設計データを以下に再現してみます。

!注意事項!

以下の設計値などと称する値は適当な特許文献などからカンで選び再現した物で、実際の製品と一致するものではありません。当然、データ類は保証されるものでもなく、本データを使って発生したあらゆる事故や損害に対して私は責任を負いません。

設計値の推測と分析

性能評価の内容について簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 リンク:光学性能評価光路図を図解

光路図

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM 断面図 光路図

上図がSIGMA Art 105 F1.4の光路図です。

 12群17枚、最も撮像素子に近い最終玉に非球面レンズを配置し球面収差と像面湾曲を同時に補正し、色収差を良好に補正するための特殊低分散材料を5枚も配置しています。

基本的な中望遠的なレイアウトが二重になっているというのか、大きな中望遠のなかに小さな中望遠と言うか…じっと見つめると何か錯視の絵を見ているような錯覚を起こしてしまいます。

少枚数の設計は当然難しいのですが、コンピュータが早くなった現代では終わりはわかりやすくなりました。

一方で、これだけの多枚数のレンズ設計ともなると熟練の設計者でなければすぐにコントール不能に陥ります。

レンズの設計はコンピュータがアシストしてくれるとは言え、設計者が信念をもって導かねば適切な答えにはたどり着くことはできません。

また、レンズ枚数が多ければ設計自由度が高まり高度な収差補正が可能になるわけですが、製造誤差の要素数が増えるので発売までの苦労はかけ算で増大します。SIGMAの中の人もたぶん大変だったでしょう。

縦収差

球面収差、像面湾曲、歪曲収差のグラフ

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM 縦収差

球面収差 軸上色収差

SIGMAのArtシリーズに85mmF1.4がありまして、そちらが最高性能かなと思っていたのですが、少々信じがたいことにこの105mmの方が収差が少ない…

像面湾曲

ほぼ完全に収差が抑えられているレベルです。

歪曲収差

望遠系なのでほんのわずかに糸巻き型ですが、絶対値的には写真に影響するレベルではありません。

倍率色収差

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM 倍率色収差

十分に補正されています。

横収差

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM 横収差

横収差的にも85mmF1.4より補正されている印象です。

スポットダイアグラム

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM スポットダイアグラム

わずかにサジタルフレアの影響が気になりますが、十分な補正です。

MTF

開放絞りF1.4

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM MTF F1.4

開放Fno1.4の状態で画面全域で十分高い特性です。さすがに画面の最周辺にあたる像高21mmあたりでは像面湾曲がありますが、あくまで隅の話で、全体には高い解像力が期待できます。

小絞りF4.0

SIGMA Art 105mm F1.4 DG HSM MTF F4.0

Fno4.0まで絞れば無収差と感じられる極めて高い性能になります。

現在のカメラ用のイメージセンサーを前提とすれば物理的にこれ以上は高解像度の映像を作る手段はないかもしれません。

多数画像の合成とかを考えれば別ではありますが…

冒頭にも記した通り、BOKEH-MASTERと言う別名を持つレンズではありますが、収差のキレキレ具合からするとKIRE-MASTERでも良いかも?と思いました…

総評

作例制作後に記載いたします。

作例

SIGMA Art 105 1.4作例は準備中です。

SIGMA製品で作例のある物はこちらのリンクにまとめてありますのでご参照ください。

 リンク:作例ギャラリーSIGMA

価格調査

最新の価格は以下のリンク先にてご確認ください。

製品仕様表

SIGMA Art 105 1.4製品仕様一覧表(Lマウント用)

画角23.3度
レンズ構成12群17枚
最小絞りF16
最短撮影距離1.0m
フィルタ径105mm
全長155.5mm
最大径115.9mm
重量1625g

他の製品分析記事をお探しの方は以下の目次ページをご参照ください。

 リンク:レンズ分析目次

Twitterで更新情報を呟いております。是非、コメントもお寄せください。