分析009 SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM

SIGMA85F1.4

シグマ 85 F1.4の性能分析・レビュー記事です。

特許情報や実写の作例から光学系の設計値を推測し、シミュレーションによりレンズ性能を分析します。

世界でこのブログでしか読む事のできない特殊情報をお楽しみください。

作例写真をお探しの方は、記事末尾にありますのでこのリンクで移動されると便利です。

レンズの概要

このArt 85mm F1.4は、2012年から開始されたSIGMAのArtレンズシリーズの大口径中望遠レンズとなります。

85mm F1.4は、Artシリーズ開始時期からだいぶこなれた2016年に発売された製品となりますので、Artのコンセプトに対して完全にブレが無くなり、純粋に性能だけを追求するという真の狙いが具現化されたかのような重厚な質感と高い解像性能を備えたレンズです。

焦点距離85mmと言えば、当然ポートレート用レンズと思いますが、メーカー公式HPには「究極のポートレートレンズ」と自ら書き切っているあたりに性能に対する強い自負を感じます。

このレンズは新しいのでこちらに情報があります。

外部リンク:SIGMA 公式HP 85mm F1.4 DG HSM Art

私的回顧録

ポートレートは、孫ムスメしか撮らないため公開可能な写真が少なく作例ページをどうしたものかと悩んでいます…

今回も「SIGMA 35mm F1.4 Art」の記事から引き続きArtシリーズ単焦点レンズを分析します。

これは現代的な光学設計値の基準作り(ベンチマーク)を行うための取り組みの一環になります。

SIGMAのArt単焦点レンズは「性能重視、大きさ度外視」という非常にわかりやすいコンセプトで設計されておりベンチマークの基準として扱いやすいというのが理由です。

ここで少々問題が起きております。ここ連続でArtシリーズの設計値ばかり見ており、高すぎるのではないかと思えるArtシリーズの性能に自分の感覚がすっかりおかしくなりました。

その一例ですが、Artレンズで撮影した写真をモニターで”等倍鑑賞”するとあまりの解像度の高さに「気持ち良さ」を感じているのです。

近年の高画素カメラで、写真を等倍鑑賞する事にあまり意味が無い事は重々承知しているのですが、その解像度の高さばかりを見入ってしまいます。

常々、解像力だけが写真レンズの魅力では無いとは思っていますが、「レンズの解像度に快感を覚える」に至るとはかなり重い症状の病気ですよね…

文献調査

さて特許文献を調べると現代の製品なので関連すると思われる特許が簡単に見つかりました。断面図の雰囲気から特開2018-5099実施例4が製品に見た目で近いので設計値と仮定し、設計データを以下に再現してみます。

!注意事項!

以下の設計値などと称する値は適当な特許文献などからカンで選び再現した物で、実際の製品と一致するものではありません。当然、データ類は保証されるものでもなく、本データを使って発生したあらゆる事故や損害に対して私は責任を負いません。

設計値の推測と分析

性能評価の内容について簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 関連記事:光学性能評価光路図を図解

光路図

上図がSIGMA Art 85 F1.4の光路図です。

12群14枚、最も撮像素子に近い最終レンズに非球面を配置し球面収差と像面湾曲を同時に補正し、色収差を良好に補正するための特殊低分散材料も2枚配置しています。

昔の半導体露光装置の光学系のような恐ろしい見た目です…

被写体側のレンズ群もダブルガウス的な形状をしており、撮像素子側の絞り備える後側レンズ群もダブルガウス的な形状をしています。

前後の2組のダブルガウス構造と言うことはダブルダブルガウス?クワッドガウス?と呼ぶべきなのでしょうか?

なお、ガウス!ガウス!と連呼してしまいましたが、何の事かと思われた方は以下のリンクにまとめてありますのでご参照いただきたいと思います。

関連記事:ダブルガウスレンズ 黎明期編

縦収差

球面収差像面湾曲歪曲収差のグラフ

球面収差 軸上色収差

球面収差は解説する意味も無いほどに、d線(黄色)は略直線の特性図です。

わずかにF線(水色)の軸上色収差が大きくも感じますが、これは私の再現データに問題があるのかもしれません。

光学系の特許に記載される実施例データは材料名が開示されていないので屈折率と分散の情報から推定していますが、ガラスメーカーごとに微妙に特性が異なるので真の材料はわかりませんし、一般公開されていない特注材料を使っていることもありえます。

特注材料まで使用されると完全に設計値を再現するのは難しくなります。

データの再現性が問題になったとき、色収差が最もずれやすくなります。

像面湾曲

像面湾曲もここまで小さければ、ほぼ完全に収差が抑えられていると言えるレベルです。

歪曲収差

歪曲収差は焦点距離的に歪曲収差は少ない仕様ですからほぼゼロです。

倍率色収差

倍率色収差は、巧みなバランスで各色が全て平均的の小さくまとまるように補正されています。

横収差

左がタンジェンシャル方向、右がサジタル方向

サジタル方向のハロはFno1.4の仕様を考えれば極小さく抑えられています。タンジェンシャル方向では中間の6mm像高ではわずかにハロ・コマ感はありますが、実用上十分なレベルで補正されているようです。

スポットダイアグラム

スポットスケール±0.3(標準)

スポット形状は、中心から中間の像高12mm程度まではほぼ点で周辺の像高18mmを超えるとわずかにサジタルコマフレアの影響でV字感ありますので、夜景や星を撮影するなら半段程度絞る方が良いでしょう。

スポットスケール±0.1(詳細)

MTF

開放絞りF1.4

MTFは、開放Fno1.4の状態ですでに画面全域で十分に高い特性です。

さすがに像高21mmあたりでは少し像面湾曲がありますが、ほとんどの撮影用で問題無い領域です。

小絞りF4.0

Fno4.0まで絞れば無収差と感じられる性能になります。

総評

かなりの重量ですが、そのデメリットを感じさせない超高性能レンズです。実写した画像を見ると開放Fnoから気持ち良い高い解像感にまさに感心します。

さすがは公式サイトで「究極の」と書き切る性能、収差を楽しむこのブログとしては良すぎて書くことが無いのがやや辛いところです。

作例・サンプルギャラリー

SIGMA 85 1.4の作例集となります。以下のサムネイル画像をクリックしますと拡大表示可能です。

SIGMA Art 85mm F1.4 作例
SIGMA Art 85mm F1.4 作例
SIGMA Art 85mm F1.4 作例
SIGMA Art 85mm F1.4 作例
SIGMA Art 85mm F1.4 作例

なお、作例写真は全てSILKYPIX 10で現像しております。

価格調査

SIGMA Art 85mm F1.4 の価格については、以下の有名通販サイトで最新情報をご確認ください。

製品仕様表

SIGMA Art 85 1.4製品仕様一覧表(Lマウント用)

画角28.6度
レンズ構成12群14枚
最小絞りF16
最短撮影距離0.85m
フィルタ径86mm
全長150.2mm
最大径94.7mm
重量1215g
発売日2016年11月17日

他の製品分析記事をお探しの方は以下の目次ページをご参照ください。

関連記事:レンズ分析目次

SIGMA85F1.4
Twitterで更新情報を呟いております。是非、コメントもお寄せください。