分析002 OLYMPUS Zuiko 100mm F2.0

Zuiko 100 F2の性能分析・レビュー記事です。作例写真をお探しの方は、記事末尾にありますのでこのリンクで移動されると便利です。

レンズの概要

オリンパスOMマウント用のZuikoレンズシリーズでは大口径中望遠の銘玉と称賛されるレンズです。

焦点距離的にはポートレート用でしょうか、私はスナップにも好きな焦点距離です。

焦点距離100mmはどこか懐かしさを感じさせる仕様です。近年、単焦点100mmの大口径製品をあまり見かけないからかもしれません。

マクロレンズの定番が100mm F2.8なので各社とも仕様のかぶりを考慮して100mm単焦点が少なくなったのでしょう。

さてこのZuiko 100 F2は手に取るとずっしりとした重みがありますが、AF機構や手振れ補正機構などを搭載した現代的レンズに比較すればかわいい大きさです。

しかしながらオールドレンズらしいガラスと金属の塊感や密度感がすばらしく是非ともコレクションしたくなる手触りです。

Zuikoレンズはよく小口径のレンズが銘玉に挙げられることが多いように思いますが、中望遠の焦点距離レンジではこのZuiko 100mm F2.0とZuiko 90mm F2.0が並んで銘玉として挙げられています。

olympus zuiko 100mm f2.0

私的回顧録

私が購入したのは2000年ごろでしたが、購入の前に同じく銘玉扱いのZuiko 90 F2マクロと悩んだ記憶があります。

マクロは他のマウントのレンズを持っていたので、結局はこちらのZuiko 100 2.0を買ったのでした。

このレンズを初めて使った日の事をなんとなく覚えていますが、ファインダーから見た像がすでに綺麗で「これは良い写真が撮れるな」と直感しました。

当時はまだフィルム全盛で、性能の良いレンズというのは限られていますからそれぐらい感動するわけです。

結局、後年90mmも購入しましたので、後日90mmマクロも解析し比較したいと思います。

なお、このレンズで何人の女性を撮影したのかは墓場まで持参する情報です。

文献調査

1970年代後半ぐらいからの特許文献を総当たりで調べると2件ほど製品の断面図と類似する物がありますが、両方とも近距離撮影時の性能を改善したことを特徴として権利化されています。

具体的な改善策としてはフォーカス時に2つのレンズ群を同時に別体移動させるフローティングフォーカスを導入することで無限遠距離から近距離まで性能を均質に高めることを実現しているようです。

分解しないとフローティングフォーカスしているのか判断できませんが、しているものと仮定しましょう。入ってた方がうれしいですし…

特許文献より断面図の形状が類似し、公開年代や性能の様子から特開昭57-111506の実施例1が製品構成に類似すると予想しこれを設計値として再現してみます。

!注意事項!

以下の設計値などと称する値は適当な特許文献などからカンで選び再現した物で、実際の製品と一致するものではありません。

当然、データ類は保証されるものでもなく、本データを使って発生したあらゆる事故や損害に対して私は責任を負いません。

設計値の推測と分析

性能評価に関する設定詳細は、以下のリンク先にまとめてあります。

 リンク:光学性能評価光路図を図解

光路図

olympus zuiko 100mm f2.0 断面図 光路図

上図がzuiko 100 F2.0 の光路図です。

6群7枚構成、ガウスタイプの前側に凸を追加した典型的なガウス中望遠タイプです。

ガウスタイプは50mmぐらいに適するため、それより長い100mmmまで焦点距離を伸ばしたため対称構造は少しくずれてしまいます。とは言え100mmぐらいまでは性能確保可能でしょう。

第2レンズに特殊低分散材料を採用しています。ニコンならEDガラスと言う名前です。

特殊材料を採用すると製品名に特別な名称を入れそうですが、入れないのがオリンパスの奥ゆかしい所でしょうか。

なお、一眼レフ用レンズの基礎たるガウスタイプの簡単な説明は以下のリンクをご参照ください。

 リンク:ダブルガウスレンズ

縦収差

球面収差、像面湾曲、歪曲収差のグラフ

olympus zuiko 100mm f2.0 縦収差

球面収差 軸上色収差

球面収差は十分に補正されています。

この枚数でこれ以上に補正すると絞り込み時に像面湾曲とのバランスがくずれるのでほんのりフルコレクションにしておくのがポイントです。

軸上色収差はもう少しg線をプラス側にしたくなりますが、倍率色収差とのバランスに配慮した結果でしょうか。

像面湾曲

大口径の部類ですが、適切に補正されています。

歪曲収差

焦点距離が長くなると糸巻き側の歪曲が発生しますが、100mmならそこまで長焦点でもないのでほぼゼロに補正されています。

倍率色収差

olympus zuiko 100mm f2.0 倍率色収差

対称型を外れた構成となってきているので倍率色の補正には若干難が出ているようです、開放側では倍率色はあまり目立たない事が多いので実用上は気にならないとは思います。そもそも開放側を楽しむレンズですから問題は無いでしょう。

横収差

olympus zuiko 100mm f2.0 横収差

Fnoの値からするとクセも無く十分に補正されています。銘玉と言われる由縁でしょう。

スポットダイアグラム

olympus zuiko 100mm f2.0 スポットダイアグラム

軸上色収差から予想するに赤の収差が目立ちそうでしたが、スポットでみるとバランスは良さそうです。

MTF

開放絞りF2.0

olympus zuiko 100mm f2.0 MTF F2.0

開放からすでにMTFは高く、周辺部のピントも一致しています。確かに銘玉認定の性能です。オールドレンズとしは面白みが無いのかもしれませんが…

少し面白いのは中心部の性能と周辺部の性能がかなり均質でそろっている点です。

通常、中心ばかり上がってしまいますが、このレンズは画面全域で均質で高性能な点が特に素晴らしい描写に繋がるものと思います。

小絞りF4.0

olympus zuiko 100mm f2.0 MTF F4.0

開放ですでに十分構成なため、絞っても大きな変化はありませんが、より像面湾曲が減少します。現代でも違和感無い性能です。

総評

この少ない枚数でこれほどに性能が高まるものかと感心するほどの性能で、実写しても申し分のない性能ですが、近年の超高性能レンズと比較しますと、軸上色収差が若干残っておりますので少々まるみのあるやさしい描写を楽しめます。

当時の銘玉認定にも納得の性能でした。

なお焦点距離の近い近代的レンズ設計の代表例として、SIGMA Art シリーズからSIGMA 105mm F1.4を分析しておりますので以下のリンク先を参考にご覧ください。

 リンク:SIGMA 105mm F1.4

作例

以下のサムネイル画像をクリックしますと大きくなります、特に注釈の無い限り全て開放Fnoの写真です。

OLYMPUS製品で作例のある物はこちらのリンクにまとめてありますのでご参照ください。

 リンク:作例ギャラリーOLYMPUS

製品仕様表

OLYMPUS Zuiko 100 F2.0製品仕様一覧表

画角24度
レンズ構成6群7枚
最小絞りF22
最短撮影距離0.7m
フィルタ径55mm
全長72mm
最大径70mm
重量500g

他の製品分析記事をお探しの方は以下の目次ページをご参照ください。

リンク:レンズ分析目次

Twitterで更新情報を呟いております。是非、コメントもお寄せください。