PR レンズ分析

【レンズのプロが解説】 シグマ小型広角レンズ SIGMA 35mm F2.0 DG DN Contemporary -分析087

この記事では、シグマのミラーレス一眼カメラ専用の交換レンズであるコンパクト広角レンズ 35mm F2.0 DG DNの歴史と供に設計性能を徹底分析します。

さて、写真やカメラが趣味の方でも、レンズの仕組みや性能の違いがよくわからないと感じませんか?

当ブログでは、光学エンジニアでいわゆるレンズのプロである私(高山仁)が、レンズの時代背景や特許情報から設計値を推定し、知られざる真の光学性能をやさしく紹介します。

当記事をお読みいただくと、あなた人生のパートナーとなるような、究極の1本が見つかるかもしれません。

レンズの概要

当レンズSIGMA 35mm F2.0 DG DNは、シグマのレンズシリーズではContemporaryラインに属する製品です。

SIGMAのレンズは、大きくArt、Sport、Contemporaryの3つのシリーズに分けられています。

シリーズの頂上であるArtラインは、大口径ながら至高の性能を目指した超弩級レンズです。

Contemporaryも妥協の無い高性能レンズですが、スタンダードな仕様にすることで製品サイズをコンパクトに抑えた、カジュアルなレンズと言ったところでしょう。

ArtやContemporaryのレンズシリーズが誕生したのは2012年のことでしたが、それ以降のシグマにおける35mm戦略を俯瞰してみましょう。

 (発売年)

  • 35mm F1.4 DG HSM Art(2013)11群13枚
  • 35mm F1.2 DG DN Art(2019)12群17枚
  • 35mm F2.0 DG DN Contemporary(2020)9群10枚
  • 35mm F1.4 DG DN Art(2021)11群15枚

表の通りSIGMAでは、執筆現在(2022)において、35mmレンズが4本販売されています。

見方を補足しますと「DG」はフルサイズ用、「DN」はミラーレス専用、を指しています。

最初に発売された(1)「35mm DG HSM」は、ミラー有一眼レフ用で各社のマウントで発売されており、さらにマウントアダプターを使えばミラーレスカメラでも使えます。

その後に発売となったDNの付く(2)~(4)のレンズはミラーレス専用で「SONY Eマウント」と、SIGMAとPANASONICとLEICAの連合「Lマウント」の計2種のマウント専用レンズが発売されています。

SIGMAの製品ラインナップ全体から見ると、同じ焦点距離仕様で4本あるとは突出した本数になります。

その他のSIGMAレンズを見ると、交換レンズの標準とされる50mmは「50mm F1.4 DG HSM Art」のわずか1本しか発売されていませんから、恐ろしく35mm好きな担当者が製品の企画を練っているではないでしょうか?

最初の1本である(1)「35mm DG HSM」はArtシリーズで新発売された最初の1本でしたし、(2)「35mm F1.2」は他社でほとんど発売されていない超大口径仕様ですから、焦点距離35mmとはSIGMAのプライドと言える仕様なのではないでしょうか。

当記事は、その35mmシリーズの末弟「35mm F2.0 DG DN Contemporary」がテーマとなります。

シグマ(Sigma)
¥68,661 (2024/02/24 15:31:18時点 Amazon調べ-詳細)

私的回顧録

『35mm F2.0今昔物語』

現在でこそ、安価なレンズのイメージが定着している35mm F2.0のレンズ仕様ですが、はるか昔は上位クラスのレンズでありました。

一眼レフの誕生以前、1960年代よりも前から35mm F2.0レンズは存在していました。

例えば、LEICA用のレンズとしてSummicron 35mm F2.0が存在しておりましたし、LEICA互換レンズとして35mmでは世界最高の大口径だったW NIKKORC3.5cmF1.8 (1956)もありました。

LEICAに代表されるレンジファインダーカメラでは、明るい35mmは珍しいわけではなかったのです。

しかし、一眼レフの黎明期1960年代になると35mm F3.5やF2.8のように少々暗いFnoレンズが主流となります。

これは一眼レフ特有の問題が発端で、ファインダーへ光を導く「ミラー」を避ける光学設計をする必要が発生し、広角レンズほどその光学設計が困難となるため、Fnoを暗くしないと性能が担保できなかったためです。

一眼レフの時代が普及する1970年代になると、設計技術の向上から35mm F2.0(もしくはF1.8)が、各社のラインナップにあらかた登場します。

この時代までは、普及クラスの製品はF3.5もしくはF2.8仕様、上位クラスはF2.0仕様、との位置付けでありました。

 関連記事:OLYMPUS Zuiko 35mm F2.0
 関連記事:NIKON NIKKOR 35mm F2.0D

なお、1970年代当時から、New Nikkor 35mm F1.4(1971)などもありましたが特殊な存在で、他に追随するメーカーもほとんどありませんでした。

その後、80年代以降になりますと35mm F1.4仕様のレンズがポツポツと各社から発売されるようになりましたが、性能が苦しいこともありなかなか主流とはなりませんでした。

 関連記事:MINOLTA AF 35mm F1.4

2000年代を超えると35mm F1.4仕様のレンズも徐々に性能が向上し、気が付けばF1.4レンズはプロ御用達の地位になり、各社が競って超高性能レンズを発売しています。

 関連記事:SONY FE 35mm F1.4GM

一方の35mm F2.0は、あまり更新が無い反面、手ごろなお値段で地味に人気があり、すっかり庶民的な存在となってしまいました。

そんな現代(2020年)に改めて発売された当記事のSIGMA 35mm F2.0 DG DNにはどのような意図が隠されているのか、読み解いて参りましょう。

文献調査

製品の発売から約半年ほどで関連する特許文献が公開となりました。

特許は、製品の発売より前に出さねばなりませんが、出願から公開に至るまでに1年から1年半ほどかかるのが通例です。

今回のパターンは比較的早めに発見できた方かと思います。

特開2021-165807から形状や性能から推測するに実施例1を製品化したと仮定し、設計データを以下に再現してみます。

 関連記事:特許の原文を参照する方法

!注意事項!

以下の設計値などと称する値は適当な特許文献などからカンで選び再現した物で、実際の製品と一致するものではありません。当然、データ類は保証されるものでもなく、本データを使って発生したあらゆる事故や損害に対して私は責任を負いません。

恥ずかしい話ですが、マンションの壁をカビさせたことがありますが、防湿庫のカメラは無事でした。

設計値の推測と分析

性能評価の内容などについて簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 関連記事:光学性能評価光路図を図解

光路図

上図がSIGMA 35mm F2.0 DG DNの光路図になります。

レンズの構成は9群10枚、軸上色収差を良好に補正するSLDレンズを1枚、さらに球面収差や像面湾曲の補正に効果的な非球面レンズをなんと3枚搭載しています。

とてもお庶民向けとは思えない衝撃の構成です。

過去に分析したレンズPENTAX 35mm F2.0を例にすると全体でもわずか6枚構成で非球面レンズは1枚ですから、いかに豪華かおわかりになるでしょう。

少々お値段もお高めな当レンズですが、十分に価格なりの価値がある構成となっているようですね。

 関連記事:HD PENTAX FA 35mm F2.0

フォーカシング動作時は、第7レンズの1枚だけが駆動する構成で、レンズ鏡筒は伸び縮みしせずに内部のレンズが駆動するインナーフォーカス機構を実現しているようです。

それでは、このレンズの光学性能をさらに詳しく分析して参りましょう。

noteでもこの記事を販売しております。

その他のレンズ分析記事をお探しの方は、分析リストページをご参照ください。

以下の分析リストでは、記事索引が簡単です。

-レンズ分析
-, , , ,