PR レンズ分析

【レンズのプロが解説】 シグマ大口径広角レンズ SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art -分析006

この記事では、シグマの一眼レフカメラ用の交換レンズである大口径広角レンズ 35mm F1.4 DG HSMの歴史と供に設計性能を徹底分析します。

さて、写真やカメラが趣味の方でも、レンズの仕組みや性能の違いがよくわからないと感じませんか?

当ブログでは、光学エンジニアでいわゆるレンズのプロである私(高山仁)が、レンズの時代背景や特許情報から設計値を推定し、知られざる真の光学性能をやさしく紹介します。

当記事をお読みいただくと、あなた人生のパートナーとなるような、究極の1本が見つかるかもしれません。

レンズの概要

各社のマウントに対応した製品を販売する老舗レンズメーカーのひとつSIGMAは、2012年より「怒涛の超高性能Art」「超快速超望遠Sports」「小型万能なContemporary」と、わかりやすい3つのシリーズで製品を分類し構成しています。

その中でもArt(アート)シリーズは、超高性能を前提に金属部品を多用した高剛性、かつ端正なデザインの重厚長大なフラッグシップレンズです。

本項で紹介するSIGMA Art 35mm F1.4 DG HSMは、このArtシリーズの第1弾として発売され、執筆現在(2020)でも販売され、すでに銘玉とも言える部類のレンズです。

さて、Artシリーズ第1弾として、なぜ35mmが選ばれたのでしょうか。

おそらく第1弾レンズを焦点距離を50mmにするか35mmかで、シグマ内でも大激論があった末なのだろうと推測します。

※注:勝手な推測です。

私が推測するに、このレンズが発売された頃の一般カメラユーザーとは、まだフルサイズには高額で手が出し難く、フォーサーズやAPS-Cサイズなどの中型サイズのセンサーのカメラを利用する層が一般的でした。

フルサイズの焦点距離35mmのレンズは、APSサイズのカメラに装着すると略50mm相当(=標準画角)で使えるため、当時の主流層であるAPS-Cユーザーにもうれしい焦点距離であったのです。

よって、APS/フルサイズのどちらでも標準的な画角で使えると言う理由から35mmの焦点距離が選ばれたのではないかと思います。

私自身もAPSサイズのカメラを使っていた時期にはAPS専用レンズは使った事がなく、よくフルサイズ用の35mmを付けていました。

フィルム時代のレンズを転用できたからと言う逆の理由でしたが…

標準レンズとは何ミリか?と言う激論が延々と続いていますが、デジタル一眼レフ黎明期の標準レンズは35mmであるというのが私の持論です。

なおこのレンズは、各社マウントに対応した専用モデルがありますが、一眼レフカメラ用のマウントの製品はマウントアダプターを利用することで、ミラーレス一眼カメラにも使用できます。

SIGMA Art 35mm F1.4 DG HSM

現在の視点でこの35mm F1.4 Artを改めて見ると、結果として「高性能で高コスパのレンズ=SIGMA Art単焦点」という図式が確立していますから、SIGMAの戦略としては成功なのでしょう。

一方で、これまでの良識を超えた大型の製品を登場させたことで、開発競争の内容が超高性能化の方向へ変化した一因となりました。

そして各社が、SIGMAのArt対抗と思わしきレンズを次から次へと登場させており、業界を活性化させたレンズとも言えそうです。

文献調査

さて特許文献を調べると現代の製品なので関連すると思われる特許が簡単に見つかりました。断面図の雰囲気から特開2014-48488実施例3が製品に見た目で近いため設計値と仮定し、設計データを以下に再現してみます。

!注意事項!

以下の設計値などと称する値は適当な特許文献などからカンで選び再現した物で、実際の製品と一致するものではありません。当然、データ類は保証されるものでもなく、本データを使って発生したあらゆる事故や損害に対して私は責任を負いません。

恥ずかしい話ですが、マンションの壁をカビさせたことがありますが、防湿庫のカメラは無事でした。

設計値の推測と分析

性能評価の内容について簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 関連記事:光学性能評価光路図を図解

光路図

上図がSIGMA35mm F1.4 DG HSM Artの光路図です。

レンズの構成は11群13枚、非球面レンズは最も被写体側の先頭の第1レンズと撮像素子側の最終レンズに配置し、色収差を抑制するための特殊低分散材料を多数配置しています。

発売時点の記憶では、このSIGMA 35mm F1.4より以前の物と比較すると、だいぶ全長が長くなり、重くなったように感じます。

大口径のF1.4と明るく、外装も金属部品を多用していますから当然だったのでしょう。

現在では各社追随するように高性能大型レンズを発売しており、SIGMAも多種多様な大型レンズを続々と発売しているため、現在の視点でこのレンズを改めて見ると「F1.4にしては小振りなサイズ感」となっています。ほんとうに慣れとは恐ろしいものですね。

それでは、このレンズの光学性能をさらに詳しく分析して参りましょう。

noteでもこの記事を販売しております。

その他のレンズ分析記事をお探しの方は、分析リストページをご参照ください。

以下の分析リストでは、記事索引が簡単です。

-レンズ分析
-, , , , , ,