レンズ分析

【レンズ性能評価】新旧比較 PENTAX 85mm F1.4-分析045

ペンタックスの大口径F1.4中望遠レンズの銘玉「smc PENTAX-FA★85mmF1.4ED[IF]」(旧85mm F1.4)と、2020年に発売された「HD PENTAX-D FA★85mmF1.4」(新85mm F1.4)の性能比較の記事です。

レンズの仕組みやその性能は一体どう違うのか、具体的な違いがほとんどよくわかりませんよね。

雑誌やネットで調べても似たような「口コミ程度のおススメ情報」そんな記事ばかりではないでしょうか?

当ブログでは、レンズの歴史やその時代背景を調べながら、特許情報や実写作例を元にレンズの設計性能を推定し、シミュレーションによりレンズ性能を技術的な観点から詳細に分析します。

一般的には見ることのできない光路図や収差などの光学特性を、プロレンズデザイナー高山仁が丁寧に紐解き、レンズの味や描写性能について、深く優しく解説します。

あなたにとって、良いレンズ、悪いレンズ、銘玉、クセ玉、迷玉が見つかるかもしれません。

それでは、世界でこのブログでしか読む事のできない特殊情報をお楽しみください。

個別の分析記事については以下のリンク先をご参照ください。

レンズの概要

まずは簡単にPENTAX 85mm F1.4レンズの系譜をおさらいです。

初代マニュアルフォーカスのレンズが1984年に登場し、オートフォーカス化された二代目が1992年に登場します。

当記事ではこの二代目を『旧85mm F1.4』そして2020年リニューアルされた三代目レンズを『新85mm F1.4』と称して比較してみたいと思います。

  • 初代 :SMC PENTAX A★85mmF1.4(1984)6群7枚
  • 二代目:SMC PENTAX FA★85mmF1.4(1992)7群8枚
  • 三代目:HD PENTAX D FA★85mmF1.4(2020)10群12枚

私的回顧録

当ブログではPENTAXの85mmの新/旧レンズとも2020年に詳細分析を行いました。

どちらも素晴らしいレンズですが、2020年の分析記事ランキングを確認したところ、計43本の記事の中で、旧85mm F1.4レンズの分析記事は『第2位』、新85mm F1.4レンズの分析記事は『第5位』と言う大人気記事でありました。

 関連記事:年報2020 記事ランキング

それを記念し、2020年の人気上位レンズを直接比較するのが当記事の狙いとなります。

なお、すでに詳細分析を行っている2本レンズですが、比較できるようにスケール等を統一するなど図やグラフ類を一部ですが新たに再制作しています。

設計値の推測と分析

性能評価の内容などについて簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 関連記事:光学性能評価光路図を図解

光路図

上図がPENTAX 85mm F1.4レンズの光路図になります。

上段には旧85mm F1.4、下段は新85mm F1.4を配置しております。スケールを合わせてありますので実際のサイズ比率に近い比較となっています。

個別分析記事で紹介していますが、旧85mm F1.4は後群をフォーカシング群とした現代のオートフォーカス単焦点レンズの基礎と言える美しい設計です。

現代的レンズの代表としてSIGMA Artレンズなども見ていただきますと納得ではないでしょうか?

 関連記事:SIGMA Art 85mm F1.4 DG HSM

一方の新85mm F1.4は、一眼レフ用中望遠レンズには珍しい第一レンズをきつい凹面としたなかなか独特で個性的なレンズです。

縦収差

球面収差像面湾曲歪曲収差のグラフ

球面収差 軸上色収差

ここからの性能は左側に旧85mm F1.4、右側に新85mm F1.4を記載します。

球面収差から比較して見てみますと、旧85mm F1.4はオートフォーカス化を果たしながらもマニュアルフォーカスレンズ以上の収差補正を達成していましたが、フルコレクション型の球面収差で現代的な視点で見ると少し味のある性能です。

開放絞りでは柔らかな中に芯のある写りですが、絞り込むとグッと画質が改善タイプの収差ですね。

新85mm F1.4は構成枚数も増え、非球面レンズも採用していることもあり、無収差と言えるレベルであり、開放絞りからキレのある解像性能となっています。

軸上色収差と言うものは、ほぼレンズの構成枚数に依存しますので、構成枚数の多い新85mm F1.4は旧レンズの半分以下にまで抑えられています。

なお、新/旧レンズの発売年の差は約30年ありますから、その間にはガラスの材料(硝種)も多く開発されています。材料的な観点からも現代レンズになるほど有利となる点も見過ごせません。

過去にはガラス材料についてまとめた記事もありますので参考にご覧ください。

 関連記事:ガラスと色収差

像面湾曲

像面湾曲は球面収差と同様に新レンズでは大きく改善しています。

歪曲収差

旧レンズも異様に歪曲収差が少ない事が大きな特徴でもありましたが、それを受け継いだ新レンズも「ゼロ」にしています。

ほんと子供の意地の張り合いみたいな世界ですが…

そんなものです。

倍率色収差

倍率色収差は旧レンズも優秀でしたから、新レンズでの改善度合いは小さく感じます。新レンズは、g線(青)とf線(水色)の差が減少しているので、昨今の画像処理による倍率色収差補正にも適していそうな特性です。おそらく意識してやっている物と推測されます。

横収差

左タンジェンシャル、右サジタル

横収差として見てみましょう。

横収差を見ると新レンズの補正レベルの高さが良くわかります。

構成枚数が多く、非球面レンズも採用していますから当然とも思ってしまいますが、自由度が増えたからと言ってもここまできれいな収差図に補正するのは高度な技術があっての事で、なかなか難しいものです。

本当に高いレベルの補正がなされています。


レンズが増えるとケースも必要ですよね。Amazonの格安ケースが手軽でおススメです。

スポットダイアグラム

スポットスケール±0.3(標準)

ここからは光学シミュレーション結果となりますが、最初にスポットダイアグラムから見てみましょう。

標準スケールでのスポットダイアグラムを見ると新レンズは本当に「点」のレベルですね。

旧レンズは大口径でありながらもふんわりと丸みを帯びたスポット形状で柔らかなボケ味を想像させます。両者を甲乙つけるのは忍びない感があります。

スポットスケール±0.1(詳細)

MTF

開放絞りF1.4

最後にMTFによるシミュレーションの結果を確認してみましょう。

収差図で想像の付く通り、新レンズのMTFは極めて高いレベルです。

旧レンズのバランスの妙もレジェンド設計者の成せる業(わざ)と言えるものでしょう。これこそレンズを楽しむ醍醐味です。

小絞りF4.0

総評

さて、約30年の進化の度合いをお楽しみいただけたでしょうか?

光学系の進化と言うのは電気部品など異なり、恐ろしく時間がかかりますが、30年の進歩をほんのりと垣間見ることができたと思います。

結局の所、レジェンド光学設計者の生み出した絶妙な味わい深いレンズを楽しむか、妥協なき最新設計を楽しむか…悩みは尽きることはないはずです。


【レンズをタダで手に入れる方法】

キャッシュバックで【レンズを買おう】インターネット回線編

LENS Review的「タダでレンズを買おう」作戦。インターネット回線編

続きを見る

価格調査

PENTAX 85mm F1.4 の価格については、以下の有名通販サイトで最新情報をご確認ください。

【おススメ記事 AMAZONベーシックカメラバックのまとめ】

製品仕様表

製品仕様一覧表 旧/新PENTAX 85mm F1.4

旧85mm F1.4新85mm F1.4
画角29度28.5度
レンズ構成7群8枚10群12枚
最小絞りF22F16
最短撮影距離0.85m0.85m
フィルタ径67mm82mm
全長70mm123.5mm
最大径79mm95mm
重量550g1255g
発売1992年2020年

その他のレンズ分析記事をお探しの方は、分析リストページをご参照ください。

以下の分析リストでは、記事索引が簡単です。

レンズ分析リスト

レンズ分析記事の製品別の目次リンク集です。
メーカー別に分類整理されております。

続きを見る

 

NURO回線網の2Gbps!最大85000円還元実施中【光マッハ】

-レンズ分析
-, ,