PR レンズ分析

【レンズのプロが解説】SIGMA ミラーレス一眼カメラ用 35mmレンズ 3本(F1.2/F1.4/F2.0)の比較 分析110

この記事では、すでにシグマから発売されているミラーレス一眼カメラ用の広角単焦点35mmレンズの3本(F1.2/F1.4/F2.0)をまとめて比較検証します。

当ブログでは、SIGMAのミラーレス用の35mmレンズを全て分析しておりますので、事前に個別の記事のご覧になりたい方は下記のリンクをご参照ください。

比較分析とは、エンジニアの基本的な嗜みですから改めてデータを並べることで新たな発見を期待できますね。

レンズの概要

初にフルサイズのミラーレス一眼カメラが発売されたのはSONY α7で2013年のことでした。

カメラメーカー各社に対応した交換レンズを販売するSIGMAは、しばらくの間一眼レフカメラ用レンズのマウント部のみをミラーレス用に改造する形で対応していました。

その後、カメラメーカー各社のミラーレスカメラ化の流れが本格化した2019年、フルサイズミラーレス専用レンズの販売を開始しました。

SIGMAレンズの製品名称を見ると「DG」はフルサイズ用を示し、「DN」はミラーレス一眼カメラ用を示します。

よって「DG DN」と記載されていればフルサイズのミラーレス一眼カメラ用となるわけですが、これにはSONY Eマウント用とSIGMA/Panasonic/Leica用のLマウント用の2種類があるため注意が必要です。(2023年現在)

本記事では、SIGMAのフルサイズミラーレス用のレンズとしては最も力を入れている様子の焦点距離35mm仕様のレンズを総まとめしたいと思います。

まずは、SIGMAのフルサイズミラーレス用の焦点距離35mmレンズの系譜を発売日順に確認してみましょう。カッコは発売年

発売年ごとに並べると、2019年から毎年35mmレンズを発売しているという驚愕の事実を目の当たりにしてしまいますね。

すでに当ブログではこの3本を分析しておりますが、改めて3本を並べて俯瞰することで、SIGMAの35mmレンズに対する愛憎模様を感じ取ってみたいと思います。

シグマ(Sigma)
¥91,691 (2024/02/24 00:13:28時点 Amazon調べ-詳細)

私的回顧録

『35mm愛』

すべて勝手な憶測だけでできている当ブログですが…

またも勝手な意見を述べさせていただくと「SIGMAの35mm愛は異常」と言わざるを得ない状況です。

一般的に、標準レンズ50mmは各社とも複数の製品をラインアップするのが慣例となっております。

これがSIGMAの場合は、様相が異なります。

2012年、SIGMAレンズのリブランディングであるArtシリーズの創設時に最初に発売したのは35mm F1.4 DG HSMでした。

その後、Artシリーズで50mm F1.4 DG HSMが発売されたものの、執筆現在(2023年)ミラーレス用へのリニューアルもなければContemporaryシリーズなどの仕様違いのレンズも発売されていません。

だいぶ長らくフルサイズ用50mmレンズは1本しか販売していないのです。

一方の35mmレンズは、Artシリーズ第一段として発売後、ミレーレス専用としてなんと35mm F1.2 DG DNを発売します。

一見、同じように見える50mm F1.2レンズならば、昔から定期的にどこかのメーカーが発売している珍しくはない仕様のレンズです。

しかし、35mm F1.2の広角超大口径仕様は、「フルサイズ用でオートフォーカス対応」の条件を付ければ実質的にSIGMAレンズしか存在しないような超レア仕様です。

そのような度肝を抜くレンズを発売後、立て続けにコストパフォーマンスの高い35mm F2.0 DG DN、満を持してのミラーレス専用に超高性能化した35mm F1.4 DG DNと信じられないペースで35mmを増やしました。

その間、標準レンズたる50mmレンズは全くの音沙汰無し…

世界のレンズ愛好家の心をもやもやとさせているわけです。

一体、どのような信念があればここまで35mmレンズに情熱を込めることができるのか?

よほど35mmを偏執的に愛する会社幹部がいるのか?前世でガウス先生と確執があった光学設計者がいるのか?

疑問を解消することはできませんが、それぞれのレンズを改めて比較検証することで、その愛の一端を感じることができるかもしれませんね。

!注意事項!

以下の設計値などと称する値は適当な特許文献などからカンで選び再現した物で、実際の製品と一致するものではありません。当然、データ類は保証されるものでもなく、本データを使って発生したあらゆる事故や損害に対して私は責任を負いません。

恥ずかしい話ですが、マンションの壁をカビさせたことがありますが、防湿庫のカメラは無事でした。

設計値の推測と分析

性能評価の内容などについて簡単にまとめた記事は以下のリンク先を参照ください。

 関連記事:光学性能評価光路図を図解

光路図

上図の左が35mm F1.2()、中央が35mm F1.4(黒)、右が35mm F2.0()の光路図になります。

比較しやすいように同じ描画倍率で表示しています。

構成枚数は、35mm F1.2が12群17枚、35mm F1.4が12群15枚、35mm F2.0が9群10枚となります。

やはり、Fno明るいF1.2レンズの構成枚数が最も多いようで、過去に分析した当ブログで最も明るいFnoであるNIKKOR Z 58mm F0.95の構成枚数に匹敵します。

そして、Fno暗いF2.0レンズは少枚数でサイズも最も小さいようです。

当ブログが独自開発し無料配布しておりますレンズ図描画アプリ「drawLens」を使い、さらにわかりやすく描画してみましょう。

上図では、レンズに採用されている特殊ガラスと非球面レンズの配置を示しています。

35mm F1.2には特殊ガラス3枚と非球面レンズ3枚、35mm F1.4には特殊ガラス4枚と非球面レンズ2枚、35mm F2.0が特殊ガラス1枚と非球面レンズ3枚を採用しています。

非球面レンズは、球面収差や像面湾曲の補正に好適な物ですが加工が難しく高価な部品です。

そのように高価な部品を製品価格のとても安価な35mm F2.0にも3枚も採用しており妥協の無い収差補正に対する信念を感じますね。

特殊ガラスとは、色収差の軽減を目的に採用されます。一般にFnoが明るいほど補正が困難で採用数が増します。

今回は、特殊ガラスの種類についてさらに解説しましょう。

上図は、日本が誇るガラスメーカーHOYA社の販売するガラスの全種類を示す通称「ガラス図(nd-vd図)」と呼ばれるものです。

縦軸は光を曲げる強度である屈折率(nd)で、横軸は光の色への影響度であるアッベ数(vd)、点の数だけガラスの種類が存在します。

HOYA社だけでも販売されているガラスの種類は、およそ100種類はあるでしょうか。

SIGMAは、この中でも色収差補正効果が高く価格の高価な材料にブランド名を付けており、HOYA社の図をお借りしてSIGMAのブランド名を書き加えました。(あくまで私の推測です)

  • ELD:ExtraordinaryLowDispersion
  • SLD:SpecialLowDispersion
  • FLD:”F”LowDispersion

左下の3種類の材料が特に色収差の補正効果が高く、35mm F1.4に採用されている「FLD」に至っては蛍石(fluorite)に匹敵する効果を得られます。

蛍石とは、例えばNIKONのレンズでも400mm F2.8大口径超望遠など限られたレンズにのみ採用される素材ですから、これに近い材料であると言えばいかに高価で希少性が高いのかをご理解いただけるでしょうか。

シグマ(Sigma)
¥68,661 (2024/02/24 15:31:18時点 Amazon調べ-詳細)

それでは、このレンズの光学性能をさらに詳しく分析して参りましょう。

noteでもこの記事を販売しております。

その他のレンズ分析記事をお探しの方は、分析リストページをご参照ください。

以下の分析リストでは、記事索引が簡単です。

-レンズ分析
-, , , ,